投稿

商工会議所女性会有志でマスク100枚完成!

イメージ
4月25日から安城商工会議所女性会の有志でマスク100枚を5月3日に完成させました!
型紙→印つけ→布の裁断→きりびつけ→ミシン縫い→ゴム通し→除菌作業→梱包
それぞれの作業を各家で分けて作業し、最後の梱包で持ち寄っての行程でした。
必要とされる高齢者施設や障害者施設にお渡しするため、代表が社会福祉協議会持っていきます。皆んな喜んでくれるかな、コロナに負けないで、元気でいてください。

安城市でテイクアウトできるお店

イメージ
前回、テイクアウトできるお店を紹介しましたが、情報を詳しく知りたいというご要望がありましたので、知るツールをお知らせします。
 安城市ホームページ>新型コロナウイルス感染症関連情報>消費者向け情報>
テイクアウト宅配等ができる安城市内店舗情報(外部リンク)4月16日時点
をご覧ください。

テイクアウトできる料理で食卓を盛り上げよう!

イメージ
皆さん、新型コロナ感染症蔓延で、感染予防の為に家で食事を作る機会が多くなりましたよね!毎日の献立に栄養バランス良く、飽きない工夫が必要だと思いますが、たまには手を抜いて、食卓を彩る事が、家族関係も良くなるのではと思います。
 今、飲食店不況の中、テイクアウトができるオリジナルメニューを出している店が結構あります。写真は、韓国料理ジフンさんの盛り合わせ!中々自分では出来ない本場の韓国料理が持ち帰りでき、家族皆んなでウチノミをして甘いだの、辛いだの言いながら盛り上がりました。当然美味しいんですけどね。
 もう一つは、昨日の母の79歳の誕生日会。イタリア料理ベジトルノさんの「ワインに合うオードブル」をテイクアウトで。広瀬酒店でワインを買って、ロコモコとスープ、ケーキは手作りでお祝いしました!
 他にも安城市内はスーパーの他に、デリを売っている玉木屋さん、大野屋さん、松美屋さんなど、美味しいテイクアウトできる店があります。飲食店は予約が必要なものもあるので、ネットで調べるか安城市のホームページにも紹介していますよ。
この緊急事態に頑張っているお店を応援しませんか?

ハートフル通信3号

イメージ
久しぶりの投稿です。皆様お元気ですか?
ハートフル通信3号を発刊しました。作った時は、まだ安城において感染者がいなかったのですが、今は安城在勤だった碧南市の方ともう1人30台男性の感染が確認されています。
今日の報道では、三河安城の東横インがコロナ感染者受け入れのホテルに名乗りを上げて頂き、感謝の極みです。早く終息して欲しい。毎日毎日祈っています。

新型コロナウィルスについて質問、要望しました!

イメージ
ウィルス対策会議は、所管である危機管理監から30分ほど 説明の後、1番目に質問させていただきました。
マスク不足における安城市の対策について
質問 各町内には防災倉庫があり、備蓄として46000枚あるが、    買い物困難者に配ることはありませんか。 答 市役所には6000枚のストックがありますが、   それは、市の職員、福祉施設の職員等、   市で管理する施設に使います。   残りは、市で対応できる数として十分ではありませんので、   出し惜しみをするわけではありませんが、配る予定はありません。 要望 ドラッグストアやショッピングセンターなど開店前から並んで一人一つの制限がかかっています。妊婦や障害者、高齢者にとって何時間も並ぶことは極めて難しいと思いますので、非常的な訴求措置として、ご配慮をお願いいたします。
安城市議会から政府に対して、新型コロナウィルス対策の要望書を送るという書面に、私の意見を加えていただきました。
意見 保護者が仕事を休めず、学校が休業になり、子どもの居場所確保が求められる。安心安全な居場所の確保をお願いします。 学校で自由登校で来ている生徒は、安城市で267名(3月5日現在)、来ている生徒は、机を四方に向け話をしてはならない、 持ってくるお弁当も離れて食べるなど、自由がないと聞いている。 教育課に聞いたら、それが嫌ならば来なくていいという感じ。 自分の子ならば、どうするか。 親の処遇にもよるところですが、不自由さを感じて、 国の政策に協力するという意識も大事であるのかなと思います。

新型コロナウィルス対応策

イメージ

成人式に参加する者

イメージ
安城市成人式に行って参りました。成人をお迎えになられた方、おめでとうございます。新成人2000人で多分1500人くらいの来場だったと思われます。太鼓などあり、とても華やかな開幕でした。誓いの言葉もとても素晴らしいものでした。
式典終わって帰ろうと車に乗っかったら、ジャージ姿の男女みかけた。うろついてるんだから多分成人式じゃないかよ。でも、晴れ着じゃないって、こんなのもいるんじゃって、新成人知ってるのか?祝いのカタチって晴れ着じゃ無くて、会場に入れないとダメじゃんって、恵まれてここにいるひとと、そうでなくても同年の気持ちが一緒にお祝いできると良いじゃないか。頼むよ🙏

令和正月のスタートは三河万歳奉納と豊川稲荷

イメージ
令和2年1月1日、皆さま明けましておめでとうございます。
0時半より八幡神社⛩にて三河万歳の奉納の舞がありました。
安城市の伝統文化である三河万歳、5名が楽しい舞を披露してくれました。
翁の笑い声など観ているとなんか心がホッコリします。若い方も見え、縁起物の舞を舞う姿はカッコいいです。しかしながら、やはり高齢化が進んでいて、継承が危ぶまれているそうです。第二、四金曜日の夜、榎前公民館で練習をしているそうです。覗いてみませんか?
2日は、毎年恒例となっている豊川稲荷へ、生まれてからはガラス屋、今は会計事務所、
自営業者は、商売繁盛を祈り、社内の安全を祈願するものだと父に教えられました。
今景気回復がしているようですが、先行き日本は米中経済摩擦に揺らがない堅固な経済を日本人のプライドでしっかりやっていかねばと思います。その政策も含め、市議会議員として安城市てしっかり仕事を頑張ります💪

長くやり続ける文化財保護に乾杯

イメージ
今年最後の歴史探訪塾が終わりました。講師である天野暢保先生は、県で文化財保護と地域文化の発展の為貢献されたことで表彰されました。長年に渡り、それをやり続ける尽力で後世に残す歴史遺産として、先生の行動が私たちにきっと役立つものになるはずだと思います。天野先生、おめでとうございました。㊗️

杉原千畝 命のビザを持って敦賀の港

イメージ
日本赤十字社安城支部研修で、福井県敦賀市の人道の港敦賀ムゼウムに行ってきました。 杉原千畝氏は、リトアニア領事であった時代に6000人のユダヤ人にビザを発行した日本が誇ることのできる人です。10年前安城商工会議所女性会会長在任中、俳優水澤心吾さんの一人芝居「杉原千畝 命のビザ」で知り感動し、4年前の女性会の創立20周年で県下女性会にこの記念公演をしました。今回、敦賀ムゼウムで本物のビザを見られた事、敦賀港に上陸したユダヤ人の人々が、敦賀市民の受け入れと支援をされた事が分かりました。言葉の通じない外国人に心温まるもてなしのお話に感激しました。来年はオリンピックイヤー。私たちも心からのもてなしに何ができるか、考えてみませんか。